月別アーカイブ: 2015年12月

Radiana Edrevaのヴィオラ

先週の終り、Radiana Edrevaのオルナーティ・モデルのヴィオラが入荷致しました。

私は以前から、ブルガリア出身でクレモナで製作を続けているEdrev ファミリーの楽器を注目していて、その主のEdrioと息子Plamenの作品を随分と取り扱ってきました。そのいずれもが豊かな音量とイタリアらしい明るい音色と伸びやかさを持っていて、購入された方々の評判はいずれも大変よいものでした。

この度、始めてこのファミリーで未知の存在であったEdrio の長女のRadianaの作品を手にしてみて、大変驚嘆しました。一見、作風は彼女の父や弟とそっくりでですが、音を出してみて感じたのは、Edrevファミリーの作品の持っている長所に更に磨きがかかり、なお且つそこに女性らしい艶やかな響きが加わっているということです。まるでビロードのような滑らかで光沢をもった感触に私は一遍に惚れこんでしまいました。楽器の仕入れには慎重な私ですが、この楽器は一も二もなく即購入を決めました。ご興味のある方は、是非ともご来店して試奏して見てください。因みにこの楽器は本年度のストラディヴァリ・トリエンナーレの出展作品ですが、残念ながら賞は逃したとのこと。きっと他にもっと素晴らしい作品があったのでしょうが、このヴィオラは賞をとっても十分におかしくない作品だと私は思います。

edrev